口臭の原因に思い当たること

友達とコンビニまで買い出しに行き、精算をすませようとしていました。すると一緒に行っていた友達は「ちょっと待って」と、再び何か商品を取りに戻りました。

何か買い忘れがあったのかと思ったら、友達が持ってきたのはブレスケアと2本の缶コーヒー。ブレスケアは、いつも常備しているのがそろそろ無くなりそうなんですって。缶コーヒーは、ただ飲みたかっただけみたいですが(^^;

聞けば、その子は以前から口臭で悩んでいるんだそうです。私もニンニクがガーリックがきいたものを食べた後は、口臭が気になります。人前に出るときや誰かと会う約束をしているとき、匂いが強いものは食べないようにしている人も多いですよね。

でもその子の場合、特に匂いがキツイものを食べたときじゃなくても、常に口臭が気になるんだと言います。口臭を予防するには、まずは原因を突き止めること。一生懸命考えたようですが、どんなに考えてもわからないようです。

ニンニクやガーリックがきいたものを食べることはあるけど、頻繁なわけじゃない。生活習慣を思い返してみても、これだというものが思い当たらない。あまりにも悩んでいるので、私も一緒に探ってみました。そうすると一つ「これかもしれない」と思うことが…。

その子は「ヘビースモーカー」ならぬ「ヘビーコーヒー」多いときでは1日に10杯近くも飲むようです。そういえばコンビニで買ったコーヒーも、一度に2本空けてしまっていました。

あまり知られていないようですが、コーヒーも口臭を促進すると聞いたことがあります。コーヒーはpHバランスを低下させ、飲みすぎは唾液の分泌を抑制させるようです。

また、コーヒーに入れる砂糖やミルクが分解されると、口臭を引き起こしかねないとも言われています。

その子の口臭も、コーヒーに原因がありそうです。

ブレスケア、とか商品名のところにある、Rの文字、商標登録があるマークなのですが、あれって申請に結構掛かるのですね。
特許事務所に頼むと、1件当たり3万円前後。これに加えて、登録まで手続きがすべて完了するとプラス何万円とかどんどんお金は増える様子。
実は以前に友人の会社で事務の手伝いをしていたことがあるのですが、商品を開発して商標登録をしようとしたところ、
凄くお金がかかるとのことで悩んだ時期がありました。
企業の皆さんはそういうところにも気を配らなくてはいけないので大変ですね。

1月 16th, 2012 Tagebuch コメントは受け付けていません。

「居眠り運転への救世主登場?」

居眠り運転による事故は後を絶たない。
居眠り運転が原因の痛ましい事故も、交通事故の原因の上位に入る。
減少どころかストレス社会の現代では、悲しいかな増加傾向にあるという。
居眠り運転の原因の多くは、睡眠不足や疲労、過眠症・ナルコレプシーなどの睡眠障害に起因することが多い。
仕事の関係上、どうしても睡眠時間の確保が難しいケースもあるだろう。
しかし、車を運転するということは常に気を張り詰めていないといつだって加害者にもなり、被害者にもなり得るのだ。
寝不足の場合はあらかじめ公共交通機関を使用したりするなど、良い状態で運転できないのならばそういった対策を講じておくことも必要だろう。

運転前にアルコールを摂取するなどは論外である。睡眠を誘発する危険性のある薬かどうかも、あらかじめ処方箋をよく読んでおく必要がある。

居眠り運転の兆候としては、まぶたが重くなったり、欠伸の多発、ヒヤリハット、頭が重くなってうとうとするなどが挙げられる。
これらが出始めたら、高速道路上ではパーキングエリア、一般道ならば駐車場のある店か邪魔にならない道路わきなどに停車して休みを取ろう。

少なくとも15~20分仮眠するだけでも頭はスッキリするものだ。カフェインを取っておくことも良いだろう。
さて、以上のことを守ってもまだ居眠り運転の危険性はある。そんなドライバーにとって朗報となるかもしれない製品が来年2月に販売される。

工業用ミシンの大手、JUKIが販売する居眠り運転防止装置は、座席につけるシート状の装置で、背もたれ部分に運転者の心臓の動きを感知するセンサーを内蔵している。
眠気を催した時特有の心動を感知して警告音をだす仕組みだ。価格は税込みで15万7500円。

決して安いとは言えないが、安全のことを思うならば長期的に見て高い投資ではないはず。特にトラックやタクシーなど運送を生業とする業者は検討してみても良いのでは。
普及如何では、私たち一般ドライバーが手軽に購入できる価格になるかもしれないはずだ。

こういう世間のためになる発明というのは、どんどん広まってほしいと思う。
私が感動したのはアートメイクを東京で施術してもらった時の技術だ。痛みもなくて、それこそ居眠りしそうになった。

技術者の腕なのか、器具の発達なのか。昔タトゥーを入れたときには涙も出ないほど痛かったのに。

12月 29th, 2011 Tagebuch コメントは受け付けていません。

ちっぽけな悩み、ちっぽけな自分

先日、前の職場の友人と食事に行った。お互い久しぶりに会うこともあり、近況報告から始まった。
彼女は最近仕事で大失敗をしたといい、お客とのコミュニケーション不足によってクレームにまで発展してしまったと落ち込んでいた。
とあるオーダーメイドの商品を注文したお客の接客を、彼女は担当していた。
その際に上手く説明が伝わらなかったことと、それをよく理解しないままオーダーしたお客の要望が食い違っていたという最悪の展開になってしまったというのだ。
商品は作り直しとなり、オーダーなために業者へ返品もできないために店の買い取りとなってしまった。店長にもこっぴどく叱られたらしい。
しかし、その話題をしていたと思っていた彼女は突然宇宙の話をし始めた。
脈絡のない話題転換に一瞬疑問がわいたが、まあ私も宇宙に興味を持っているので、ハップル望遠鏡で録った映像の写真集の話や生命が存在するかもしれない惑星の発見などの話題で盛り上がった。
「宇宙は広い。なぜ惑星は浮いているのか。どこまで広がっていくのか。その起源を想像すると、人間は何てちっぽけなのだろうか」
そう語った彼女の新たなるストレス解消は、宇宙の話をすること。そう、人間の悩みなど宇宙の観点から見ると笑っちゃうくらい小さすぎることだ。
そう思うことで落ち込んだ自分を奮い立たせているのだという。何て斬新なストレス解消法だろうと私は感心してしまった。
そんな彼女のために、次は休みを合わせてプラネタリウムにでも行こうかと計画している。
そういえばここ数年プラネタリウムに足を運ばなくなった。上京してからは仕事に追われていたからそれどころではなかったのだ。
東京の街中にもプラネタリウムはある。近場で言うなら渋谷の「コスモプラネタリウム渋谷」だろう。
プラネタリウム投影機と全天周デジタル動画投影システムを備えており、美しい星空と臨場感あふれる映像空間を演出するなど人気の施設だ。
都会で暮らしていると田舎の星空が恋しくなる。街中の新たなる癒しスポットとしても、現代のプラネタリウムはその役目があるのかもしれない。

12月 18th, 2011 Tagebuch コメントは受け付けていません。

年賀状のデザインにいかがでしょう

12月も2週目に入り、いよいよせわしなくなってきた年末。
実家でも、父や母は年賀状の準備に追われている。
父が年賀状を作ろうとしてパソコンを立ち上げた瞬間に、永遠にフリーズした10年来のパソコンから買い替えたばかりの新しいパソコンとプリンタを使用して滞りなく進めているらしい。
今年は、東日本大震災という大災害が起こった。被災地の人へどういったメッセージを送ればいいのか、ということも悩みの1つだ。
先日NHKでも、被災地向けで震災復興をテーマにした年賀状がボランティアの人たちによってデザインされ販売しているという特集をしていた。
被災地以外の人には通常の年賀状よりも少し割高になる。これは、被災地の方たちの負担を少しでも減らすためだという。被災地の方たちは通常の年賀状価格よりも安く購入できるらしい。
「被災地 年賀状」というキーワードで検索すると、その文例もたくさんヒットした。やはり人々が関心をもっていることなのだろう。
さて、話は変わるが三重県南伊勢町の五ヶ所湾では、来年の干支である辰にちなんでタツノオトシゴの仲間のハナタツがダイバーの人気を集めている。
年賀状のデザイン写真として使いたい、というハナタツ目当てのダイバーが夏以降増えたそうだ。
さて、このハナタツだが水深2メートルから27メートルと幅広い範囲で生息している。
色は赤やオレンジ、茶など種類もある。海藻やサンゴなどに擬態していることが多く、1年を通して観察することができるとのこと。
観察のしやすさもダイバー人気を集めているのだろう。赤色のハナタツの写真を見たが、なんだかパッと見タコの触手のような感じ。
近くで見ると愛嬌もある。自分の目当ての色のものが見つかるまで水中散策するのも面白いかもしれない。
ちなみに、ここまで引っ張っておいて言うのも何だが、私は年賀状はメールで済ませる派だ。

12月 12th, 2011 Tagebuch コメントは受け付けていません。
ad ad ad

Flickr Images

flickrRSS probably needs to be setup

View All Photos

Please use wordpress Widgets.