ちっぽけな悩み、ちっぽけな自分

12月 18th, 2011 Tagebuch

先日、前の職場の友人と食事に行った。お互い久しぶりに会うこともあり、近況報告から始まった。
彼女は最近仕事で大失敗をしたといい、お客とのコミュニケーション不足によってクレームにまで発展してしまったと落ち込んでいた。
とあるオーダーメイドの商品を注文したお客の接客を、彼女は担当していた。
その際に上手く説明が伝わらなかったことと、それをよく理解しないままオーダーしたお客の要望が食い違っていたという最悪の展開になってしまったというのだ。
商品は作り直しとなり、オーダーなために業者へ返品もできないために店の買い取りとなってしまった。店長にもこっぴどく叱られたらしい。
しかし、その話題をしていたと思っていた彼女は突然宇宙の話をし始めた。
脈絡のない話題転換に一瞬疑問がわいたが、まあ私も宇宙に興味を持っているので、ハップル望遠鏡で録った映像の写真集の話や生命が存在するかもしれない惑星の発見などの話題で盛り上がった。
「宇宙は広い。なぜ惑星は浮いているのか。どこまで広がっていくのか。その起源を想像すると、人間は何てちっぽけなのだろうか」
そう語った彼女の新たなるストレス解消は、宇宙の話をすること。そう、人間の悩みなど宇宙の観点から見ると笑っちゃうくらい小さすぎることだ。
そう思うことで落ち込んだ自分を奮い立たせているのだという。何て斬新なストレス解消法だろうと私は感心してしまった。
そんな彼女のために、次は休みを合わせてプラネタリウムにでも行こうかと計画している。
そういえばここ数年プラネタリウムに足を運ばなくなった。上京してからは仕事に追われていたからそれどころではなかったのだ。
東京の街中にもプラネタリウムはある。近場で言うなら渋谷の「コスモプラネタリウム渋谷」だろう。
プラネタリウム投影機と全天周デジタル動画投影システムを備えており、美しい星空と臨場感あふれる映像空間を演出するなど人気の施設だ。
都会で暮らしていると田舎の星空が恋しくなる。街中の新たなる癒しスポットとしても、現代のプラネタリウムはその役目があるのかもしれない。


No Responses to “ちっぽけな悩み、ちっぽけな自分”

Comments are closed.

ad ad ad

Flickr Images

flickrRSS probably needs to be setup

View All Photos

Please use wordpress Widgets.